日経ソリューションビジネス 2003/07/30号

特集 中堅・中小企業がうなずくERP提案法
中堅・中小企業がうなずくERP提案法
“ビッグバン型”導入を速く・安く・ 確実に実現するためのサービスを訴える

中堅・中小企業がERP(統合基幹業務システム)ソフト導入に動いている。取引先からのEDI(電子データ交換)対応や親会社からの連結決算対応などの要求が高まり、オフコンベースの既存システムがいよいよ限界を迎えているからだ。レガシーシステムのリプレースを狙う中堅・中小企業のERP導入は、会計から生産、販売までを一括導入する“ビッグバン型”になる。(14〜21ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7909文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 中堅・中小企業がうなずくERP提案法(14〜21ページ掲載)
中堅・中小企業がうなずくERP提案法
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 基幹業務システム > ERP(統合基幹業務支援)
【記事に登場する企業】
伊藤忠メカトロニクス
オイレス工業
ケイテックデバイシーズ
リコーテクノシステムズ
update:19/09/25