日経ソリューションビジネス 2003/07/30号

ITマーケット 活発化するITガバナンス導入
投資を経営視点で判断したい企業が急増中 サービスの効果と対価の明示が不可欠に
活発化するITガバナンス導入

 「2003年末から2004年にかけて、ITガバナンスを確立してIT投資を判断したり、ソリューションプロバイダへの要求内容を決めたりするユーザー企業の動きが表面化してくるだろう」。 野村総合研究(NRI)の淀川高喜システムコンサルティング事業本部ITマネジメントコンサルティング部長は、こう予測する。(56〜58ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3115文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム設計・開発 > その他(システム設計・開発)
【記事に登場する企業】
IBMビジネスコンサルティングサービス
ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ
野村総合研究所
update:19/09/25