日経SYSTEMS 2003/08号

レポート 時流をつかむ
注目●ERPの分かりにくさを払拭する試み
SAPとオラクルがそれぞれテンプレートの標準化に着手

ERPパッケージの導入期間とコストを圧縮するために,テンプレートを活用する動きに新たな試みが加わった。今,大手ベンダー2社がテンプレートの標準化をそれぞれ進めている。この秋までに数十種類のテンプレートがメニュー化される見通しである。価格の目安が提示されたことが画期的だ。 ERPパッケージの導入期間とコストは,入れてみないと分からない。(18〜19ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1875文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 基幹業務システム > ERP(統合基幹業務支援)
【記事に登場する企業】
SAPジャパン
日本オラクル
update:19/09/25