日経SYSTEMS 2003/08号

ケーススタディ ネットワークの最適解
音声通話の品質を入念に検証 広域イーサネット導入に踏み切る
三井倉庫 「全社ネットワーク」

 三井倉庫は2003年3月,ATM専用線などを利用して構築した従来のWANを,広域イーサネットに切り替えた。WANの高速化,センターの信頼性強化などを目的としたもので,月額通信コストを15%程度削減した。機器の導入費用は約4000万円。 移行に当たっては,ATM専用線で統合していた音声通話の品質を,広域イーサネットでも維持できるかがポイントになった。(130〜133ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3665文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > ネット利用の電話機能 > IP電話サービス*
通信・ネットワーク・放送 > WANサービス > 広域Ethernetサービス*
通信・ネットワーク・放送 > 固定電話サービス > IP電話サービス*
【記事に登場する企業】
電通国際情報サービス
パワードコム
三井倉庫
update:19/09/25