日経アーキテクチュア 2003/08/18号

フロントライン 震度6以上を一日に3回記録
震度6以上を一日に3回記録

震→本震→余震。宮城県北部の地震は、従来の「強い地震の後に弱い余震が続く」という常識を覆す活動を示した。同じ日に震度6が3回あったのは、統計が残っている1927年以降初めて。気象庁は、全国平均の地震活動モデルの値を使って割り出していた余震確率を、実際の地震活動を基に計算する方法に変更し、余震確率も引き上げた。 最大加速度も記録破りだった。(5ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:863文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 社会 > 社会全般
update:19/09/26