日経アーキテクチュア 2003/08/18号

CLOSE UP 建築 都立芦花高等学校
開放的な空間で生徒の興味を喚起
都立芦花高等学校(東京都世田谷区) 発注:東京都 設計:早川邦彦建築研究室 施工:大成建設・大明建設JV

上:体育館。中庭側の開口部にはフル・オープンとなるシャッターを設け、中庭と一体的に使うこともできるようにした。2階部分には校舎全体を回遊できる通路の一部があり、生徒が外へ出なくても体育館の様子を気軽に眺められる下:中庭。ほかの二つの中庭とともに、半屋外的な中間的領域を創出し、生徒の多様な活動をサポートできるようにした。(18〜22ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4382文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > 建設事業・事例
建設・不動産 > 建設・建築 > 建設事業・事例
ビズボードスペシャル > 事例 > 建設事業・事例
【記事に登場する企業】
大成建設
大明建設
地方自治体
update:19/09/26