日経ホームビルダー 2003/09号

焦点
化学物質過敏症患者の住宅を住みながらリフォーム アルミはくで既存部分を“封印”
技術

 床、壁、天井に張ったアルミはくが反射して、銀色に輝いている。これは施主のIさんが化学物質過敏症の症状に悩む夫人と子どもたちのために、住宅の一室を「避難部屋」に改修する工事の様子だ。 Iさんの家族は、新建材だけでなくスギやヒノキのムク材にも反応して体調を崩してしまう。(14〜15ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:874文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築トラブル > 不良・トラブル(建築・土木関連)
建設・不動産 > リフォーム・修理 > リフォーム・修理
建設・不動産 > 建設・建築 > リフォーム・修理
update:19/09/27