日経ホームビルダー 2003/09号

住宅技術Q&A
断熱工法と換気システムは どのような考えに基づいて 選択すればよいか?
[回答者] 建築技術支援協会 戸建住宅部会 石井 宏

 住宅の気密性を表す指標に「相当すき間面積(C値)」がある。床面積1m2当たりのすき間(cm2)のことで、値が小さいほど気密性が高い。日本では通常、北海道などの寒冷地を除き、C値が5.0cm2/m2以下の住宅を気密住宅という。 充てん断熱工法による気密施工では、左ページの図のように、ポリエチレンフィルムを張って防湿気密層をつくることが必要になる。(96〜97ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2261文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 施工 > 建設施工技術・ツール
建設・不動産 > 建設・建築 > 建設施工技術・ツール
【記事に登場する企業】
建築技術支援協会
update:19/09/27