日経ソフトウエア 2003/10号

特集2 ソフト開発の著作権と特許を知ろう Part3
Q&A こんな時はどうするの/どうなるの?

著作権譲渡に関する契約を交わしてソフト開発を外部に委託したのですが,説明書の著作権はソフトハウス側にあると言われました。そんなことがあるのですか? ソフトウエアのプログラム開発を外部の企業(いわゆるソフトハウスなど)に委託することはよくあります。(84〜89ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:12920文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 ソフト開発の著作権と特許を知ろう(68ページ掲載)
ソフト開発の著作権と特許を知ろう
特集2 ソフト開発の著作権と特許を知ろう Part1(69〜75ページ掲載)
あなたの身近にある著作権/特許
特集2 ソフト開発の著作権と特許を知ろう Part2(76〜83ページ掲載)
ソフト開発にすぐに役立つ著作権/特許の実用知識
特集2 ソフト開発の著作権と特許を知ろう Part3(84〜89ページ掲載)
Q&A こんな時はどうするの/どうなるの?
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 著作権管理・違法コピー防止*
情報システム > システム設計・開発 > プログラミング言語・開発ツール
通信・ネットワーク・放送 > 通信・インターフェース技術・規格・プロトコル > 通信プロトコル全般
【記事に登場する企業】
GNUプロジェクト
ソフトウェア情報センター
フリー・ソフトウェア・ファウンデーション(FSF)
文化庁
米マイクロソフト社
update:19/09/25