日経ホームビルダー 2003/10号

NEWS解説
●既存住宅の高齢者対応
すべて改修するなら 工費は4兆5000億円

 国土交通省の外郭団体である建設経済研究所は、65歳以上の高齢者が住んでいる住宅すべてに手すりの設置、浴室改造、段差解消の三種類の改修を行った場合、工事費用は合計で4兆4692億円になると発表した。 65歳以上の高齢者が住む住宅は増え続けており、1980年は133万世帯だったが2000年には1096万世帯に達し、2020年には1718万世帯になる見通し。(18ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:472文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > リフォーム・修理 > リフォーム・修理
建設・不動産 > 建設・建築 > リフォーム・修理
【記事に登場する企業】
建設経済研究所
update:19/09/27