日経アーキテクチュア 2003/10/13号

快適空間を支える設備トレンド あいまいだった性能をクリアに
あいまいだった性能をクリアに
第7回 コミッショニング 環境システック中原研究処 中原 信生

国内の建築関係者にもかなり知られてきたが、その本質やプロセスの内容は十分に認識されていないところもある。空気調和・衛生工学会コミッショニング委員会の委員長を務める中原信生氏に定義や意義などを改めて解説してもらった。(本誌) コミッショニング(Commissioning=性能検証)という言葉が広く正確に理解され、使われているかというと心もとない。(84〜88ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4815文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 設計・デザイン > 商業建築設計・デザイン
建設・不動産 > 建設資材・設備 > 住宅・商業建築・オフィス設備
建設・不動産 > 建設・建築 > 商業建築設計・デザイン
建設・不動産 > 建設・建築 > 住宅・商業建築・オフィス設備
【記事に登場する企業】
環境システック中原研究処
update:19/09/26