日経アーキテクチュア 2003/10/13号

技術クリップ/新技術・IT 節付きの壁杭で支持力高め コストを最大2
節付きの壁杭で支持力高め コストを最大2割削減
基礎

 大林組は、壁状の杭に節を付けることで、建物の荷重を支える力を増大させた「節付き壁杭」を開発した。 開発した杭は、壁状の杭に矢の先のように張り出した節を付けたもの。地震などで建物の基礎に働く押し込み力や引き抜き力に対する抵抗力を高めた。 この構造によって、建物の支持層となる硬質地盤へ打ち込む杭の長さを従来よりも3分の1程度、短くできる。(103ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:537文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 施工 > 建設施工技術・ツール
建設・不動産 > 建設・建築 > 建設施工技術・ツール
【記事に登場する企業】
大林組
update:19/09/26