日経アドバンテージ 2003/10号

eジャパン投資をビジネスに生かす 第6回 「トレーサビリティ・システム」開
11団体に4億円を支援 食品の流通履歴が明確に

 BSE(牛海面状脳症、狂牛病)問題や大手メーカーによる食品表示の偽装問題など、近年、食品の安全性に対する信頼を失墜させるような事件が相次いでいる。消費者の買い控えが起こり、問題を起こした企業だけでなく、日本の食品産業全体が打撃を受けた。倒産・廃業に追い込まれた企業や事業者も少なくない。(64〜65ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2120文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 食品衛生 > 食品表示・トレーサビリティ
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 食品表示・トレーサビリティ
サービス・流通・生活・文化 > 食品衛生 > 食品表示・トレーサビリティ
情報システム > 特定業務システム > その他(特定業務システム)
【記事に登場する企業】
青果物EDI協議会
農林水産省
update:19/09/24