日経ソリューションビジネス 2003/10/30号

ソリューション最前線 製薬業界
承認申請の国際化で盛り上がる投資の機運 文書管理を皮切りに「IT化案件」が目白押し
製薬業界

 製薬業界を取り巻く環境は急速に変化している。スイスの有力製薬メーカー、ロシュによる中外製薬の買収など外資系メーカーによる買収攻勢にさらされ、競争が激化する一方で、薬価改訂による価格の引き下げや、政府の医療費削減政策などによって、国内医薬品市場は縮小傾向にある。こうした中で、大手製薬会社は海外事業に活路を見いだしている。 その急先鋒がエーザイだ。(48〜50ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2944文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報共有システム > 文書管理システム*
【記事に登場する企業】
アクセンチュア
インフォコム
エーザイ
中外製薬
update:19/09/25