日経情報ストラテジー 2003/12号

INSIGHT・会計士の眼
「営業秘密管理方針」持つ時代へ
■第1回■ 木村 章展 [中央青山監査法人 公認会計士]

 ようやく企業の収益回復が期待されている。この背景には、自社内のリストラクチャリングによる人員減少や海外の現地工場における生産、アウトソーシングの普及など様々な要因が寄与している。これは、人材が激しく流動化していることを意味する。 このような企業内外での人材の流出入は、営業上の秘密が拡散することにつながる。(29ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1301文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
企業・経営・ビジネス > 知的財産・特許(企業・経営・ビジネス) > 企業・経営・ビジネスの知的財産・特許
ビズボードスペシャル > 知的財産・特許 > 企業・経営・ビジネスの知的財産・特許
【記事に登場する企業】
みすず監査法人
update:19/09/24