日経情報ストラテジー 2003/12号

INSIGHT・US事情
ICタグは法制化問題に発展か
■第1回■ 久場 英子 [米在住ジャーナリスト]

 ここ数カ月、ICタグの導入を巡って、米国の世論が騒がしくなっている。きっかけは、小売り最大手の米ウォルマート・ストアーズが、2005年初頭までに主要納入業者にICタグの採用を義務付けると発表したことだった。ウォルマートが動けば、製造、流通業界全体がなし崩し的にICタグの導入に流れる可能性が高い。(33ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1374文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > RFID(ICタグなど) > ICタグ*
【記事に登場する企業】
米インフラタブ社
米ウォルマート・ストアーズ社
オートアイディーセンター
米カスタマーズ・アゲインスト・スーパーマーケット・プライバシー・インベーション・アンド・ナンバリング(CASPIAN)
update:19/09/24