日経情報ストラテジー 2003/12号

寄稿2 アサヒビールの営業支援改革
行動特性で実行力アップ
アサヒビールの営業支援改革

 消費財メーカーにとって、顧客との接点である小売店の店頭が重要なことはいまさら言うまでもない。店頭における営業支援活動が、商品開発や広告宣伝活動と並んで、消費財メーカーの雌雄を決すると言っても過言ではないのだ。(169〜172ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4296文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 食材・食品・飲料
情報システム > 営業支援システム > その他(営業支援システム)*
【記事に登場する企業】
IBMビジネスコンサルティングサービス
アサヒ飲料
アサヒグループホールディングス
アサヒビジネスソリューションズ
スマイルサポート
update:19/09/24