日経情報ストラテジー 2003/12号

イベント報告 本誌主催「経営情報化サミット2003」
新たな価値を創造せよ
本誌主催「経営情報化サミット2003」 経営の視点を持つCIOが不可欠

 今年から来年にかけて、企業の業績が急回復する見通しだ。日本経済新聞社が上場企業1628社を対象に調査したところ、2004年3月期の連結経常利益は前期比で16.7%増えるという結果が出た。収益を向上させるためには今、どのような行動を起こせばよいのか——。 こうした問いに応えるため、本誌は9月9日、「経営情報化サミット2003」を東京・ホテルニューオータニで開催した。(184〜187ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4706文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
【記事に登場する企業】
オリンパス
コダック
損保ジャパン
野村総合研究所
リコー
update:19/09/24