日経SYSTEMS 2003/11号

ケーススタディ 短期開発に挑む
.NETを使いこなし3カ月で開発 異なる組織をポータルでつなぐ
グンゼ EIP「e−G Cockpit」

 「新システムの方向性が決まったのが今年1月。そこから急ピッチで開発を進め,なんとか4月のカットオーバーに間に合わせた」(情報システムセンター ITソフトサービス課 課長 山本憲司氏)——グンゼが構築した「e−G Cockpit」は,社内外に散在する情報を“使いやすく”提供するためのEIP(Enterprise Information Portal)。(110〜113ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3791文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報共有システム > EIPおよび構築ツール*
情報システム > データ分析・ナレッジマネジメント > EIPおよび構築ツール*
【記事に登場する企業】
グンゼ
update:19/09/25