日経SYSTEMS 2003/11号

特集2 電子メール・システム,いま見直しの時
電子メール・システム いま見直しの時
分散したスプールを統合,アカウント管理を整備する

奮闘するユーザー企業の事例を通じて,低コストで効果的な設計・運用ノウハウを探る。                        (日川 佳三=hikawa@nikkeibp.co.jp) 今や電子メールは,全社員が共通して利用する,ビジネス手段である。システム・ダウンやウイルス感染などの事故は,可能な限り防がなくてはならない。(138〜147ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:11263文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 トラブルと闘う(92〜93ページ掲載)
トラブルと闘う
特集1 トラブルと闘う(94〜103ページ掲載)
特集1●本文
特集2 電子メール・システム,いま見直しの時(138〜147ページ掲載)
電子メール・システム いま見直しの時
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム運用管理 > システム運用手法*
情報システム > サーバーアプリケーション > メールサーバー*
【記事に登場する企業】
IIJテクノロジー
NECソフト
ジャノメクレディア
米センドメール社
センドメール
大成建設
寺岡精工
トレンドマイクロ
日鉄ソリューションズ
日本ヒューレット・パッカード
HDE
米ミラポイント社
リコー
update:19/09/25