日経アーキテクチュア 2003/11/24号

CLOSE UP 建築 二期倶楽部東館
美しい村を目指した滞在型リゾート
二期倶楽部東館(栃木県那須町) 発注:二期リゾート 総合プロデュース:デザインインデックス 基本設計:コンラン&パートナーズ+山本・堀アーキテクツ 施工:東武建設

木県の那須にある二期倶楽部といえば、建築家の渡辺明氏が設計した軒深い大谷石の建築を思い浮かべる人が少なくないだろう。広大な自然森にひそむように建つ6室だけの宿泊施設は、竹中工務店を独立したばかりの渡辺氏の名を一躍知らしめることになった。1986年に完成した本館に続き、97年には同じ渡辺氏の設計で新館を増築している。(8〜13ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4999文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > 建設事業・事例
建設・不動産 > 建設・建築 > 建設事業・事例
ビズボードスペシャル > 事例 > 建設事業・事例
【記事に登場する企業】
コンラン&パートナーズ
デザインインデックス
東武建設
二期リゾート
山本・堀アーキテクツ
update:19/09/26