日経アーキテクチュア 2003/11/24号

特集 都心居住の現実
特集 都心居住の現実

「都心回帰」「都市再生」といった旗印の下で、都心を中心に猛烈な勢いでマンションの建設ラッシュが続いている。そのシンボル的な存在が超高層マンションだ。超高層が当たり前のように建つ時代を迎えて、都市はどうなっていくのか、快適に暮らしていけるのか。簡単に壊せない建物だけに、世代を超えて維持・修繕できるかどうかも気になる。(58〜59ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:305文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 都心居住の現実(58〜59ページ掲載)
特集 都心居住の現実
特集 都心居住の現実(60〜66ページ掲載)
都市はどうなる?
特集 都心居住の現実(67ページ掲載)
シニアの購入者が35%以上
特集 都心居住の現実(68〜71ページ掲載)
快適に住めるか?
特集 都心居住の現実(72〜78ページ掲載)
維持・修繕できるか?
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > 建設事業・事例
建設・不動産 > 不動産事業 > その他(不動産売買)
建設・不動産 > 建設・建築 > 建設事業・事例
ビズボードスペシャル > 事例 > 建設事業・事例
update:19/09/26