日経アーキテクチュア 2003/11/24号

特集 都心居住の現実
都市はどうなる?

都心部で超高層マンションの建設が激増している。これまで住宅地ではなかった場所が、超高層マンションの林立する街に変わろうとしている。開発が急速に進む中で、懸念されるのはきちんと街づくりのあり方が議論されているかだ。都心への一極集中が郊外の衰退を引き起こしていることにも、目を向ける必要がある。(60〜66ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7070文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 都心居住の現実(58〜59ページ掲載)
特集 都心居住の現実
特集 都心居住の現実(60〜66ページ掲載)
都市はどうなる?
特集 都心居住の現実(67ページ掲載)
シニアの購入者が35%以上
特集 都心居住の現実(68〜71ページ掲載)
快適に住めるか?
特集 都心居住の現実(72〜78ページ掲載)
維持・修繕できるか?
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > 建設事業・事例
建設・不動産 > 不動産事業 > その他(不動産売買)
建設・不動産 > 建設・建築 > 建設事業・事例
ビズボードスペシャル > 事例 > 建設事業・事例
【記事に登場する企業】
アーバネットコーポレーション
鹿島建設
大京
地方自治体
東京カンテイ
都市基盤整備公団
不動産経済研究所
三井不動産
リクルート
update:19/09/26