日経アーキテクチュア 2003/11/24号

特集 都心居住の現実
維持・修繕できるか?

マンション管理上のトラブルが社会問題となっているが、超高層マンションも無縁ではいられない。むしろ、適切な管理や修繕を進めるうえで乗り越えるべきハードルは多い。大地震時には一般のマンション以上に生活難に陥る可能性もある。つくった後の対応も十分に考えていくことが必要だ。(72〜78ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7290文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 都心居住の現実(58〜59ページ掲載)
特集 都心居住の現実
特集 都心居住の現実(60〜66ページ掲載)
都市はどうなる?
特集 都心居住の現実(67ページ掲載)
シニアの購入者が35%以上
特集 都心居住の現実(68〜71ページ掲載)
快適に住めるか?
特集 都心居住の現実(72〜78ページ掲載)
維持・修繕できるか?
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > その他(建築・土木事業・不動産事例)
建設・不動産 > リフォーム・修理 > リフォーム・修理
建設・不動産 > 建設・建築 > リフォーム・修理
ビズボードスペシャル > 事例 > その他(建築・土木事業・不動産事例)
【記事に登場する企業】
建築耐震設計者連合
高層住宅管理業協会
神戸大学
国土交通省
耐震総合安全機構
奈良女子大学
マンション管理センター
三井不動産
update:19/09/26