日経アーキテクチュア 2003/11/24号

シックハウスの現場
建材の梱包や保管にも危険が
悩ましき流通に一石を投じる取り組みも

シックハウス対策では、建材の流通経路の確認も大切だ。建材の梱包形態や保管状態によっては、化学物質の吸着事故が起きるからだ。しかし、メーカーや建材販売店などの吸着防止への意識はまだ低い。背景には従来型の流通を変える難しさもある。ただ、販売店の中には保管倉庫の見直しに着手し始めたところもある。流通の安全性を研究する民間機関も登場した。(82〜85ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4999文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築トラブル > 不良・トラブル(建築・土木関連)
建設・不動産 > 建設資材・設備 > 建築資材
建設・不動産 > 建設・建築 > 建築資材
【記事に登場する企業】
厚生労働省
update:19/09/26