日経ホームビルダー 2003/12号

焦点
スギ材をプレカットして韓国に輸出 日本産木材の住宅はいかが
社会

 日本産の木材を使った住宅輸出が鹿児島県でスタートした。日本木造住宅輸出協会(鹿児島県)が韓国向けに進めているもので、9月末、第一陣となる2棟分が出荷された。 丸太の輸出はこれまでにもあったが、今回のようにプレカットした構造材や合板類など1棟分の部材一式をパッケージにして輸出するのは全国でも初めてだという。 使っているのは鹿児島県産のスギ材。(12〜13ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:874文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建設資材・設備 > 建築資材
建設・不動産 > 建設・建築 > 建築資材
【記事に登場する企業】
日本木造住宅輸出協会
update:19/09/27