日経ホームビルダー 2003/12号

焦点
究極の防犯設備、日本版「パニックルーム」が登場 海外生活経験者から早くも引き合い
住宅

 海外の治安の悪い地域では、住宅のなかに「パニックルーム」という隠し部屋を設けるのが常識となっている。強盗が入ってきた際などに、そこへ逃げ込むのだ。このほど、その日本版が登場した。広島県の設備メーカー、レニアスが11月に発売した「パニックボックス」だ。 面材は、ポリカーボネート樹脂と特殊フィルムを組み合わせている。(14〜15ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:875文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 住宅・施設向け防犯・防災 > 住宅・施設向け防犯・防災
建設・不動産 > 建設・建築 > 住宅・施設向け防犯・防災
【記事に登場する企業】
レニアス
update:19/09/27