日経アーキテクチュア 2003/12/08号

特集 使って差がつく木の防耐火技術
法22条地域に木の通気層の家
天然木の防火構造認定壁を使った「鎌倉山の家」

 東京都内の会社に勤める建て主は、「自然に恵まれた立地に、外壁に木を使った家をつくりたい」と強く思っていた。設計者の山内真人氏(DENアーキテクツ主宰、神奈川県藤沢市)と一緒に探した敷地は、立地の面では申し分なかった。木々に囲まれた高台の急傾斜地で、南に海を一望する。ただ、そんな敷地にも一つ問題があった。建築基準法第22条指定を受けていたからだ。(53〜58ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5888文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 使って差がつく木の防耐火技術(52ページ掲載)
特集 使って差がつく 木の防耐火技術
特集 使って差がつく木の防耐火技術(53〜58ページ掲載)
法22条地域に木の通気層の家
特集 使って差がつく木の防耐火技術(59ページ掲載)
木質系の大臣認定が続々登場へ
特集 使って差がつく木の防耐火技術(60〜63ページ掲載)
木造で1時間耐火を実現
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建設資材・設備 > 建築資材
建設・不動産 > 建設・建築 > 建築資材
【記事に登場する企業】
アサノ不燃木材
チャネルオリジナル
DENアーキテクツ
東京ガス都市開発
update:19/09/26