日経NETWORK 2003/12号

続・こちらセキュリティ対策室 第3話
危険が多い無線LAN 正しい設定で侵入を防ぐ
—— 暗号とユーザー認証が決め手 ——

ネットワンシステムズの応用技術第1部部長。JPNIC評議委員,JPCERT/CC運営委員も務める。セキュリティ技術の第一人者。 恵美と先輩の工藤のところに,無線LANを本格的に導入したいという相談が舞い込んできた。相談を持ちかけたのは,社員が100人弱の会社に勤める藤田氏。藤田は本業とは別に,会社のネットワーク管理者を兼務している。(113〜118ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8521文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 情報暗号化技術・製品*
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > ユーザー認証・電子署名技術
通信・ネットワーク・放送 > 無線LAN > その他(無線LAN)*
【記事に登場する企業】
ネットワンシステムズ
update:19/09/26