日経情報ストラテジー 2004/01号

INSIGHT・ITレビューbyBizt
ソフトの不正コピーは経営者の責任

 2003年9月号のこのコラムで、ソフトウエアの組織内不正コピーがもたらす影響について述べた。そこでは企業の信用を失墜させることをお話ししたが、今回はさらに不正コピー行為に対して経営者の責任が認められた事例について紹介しよう。経営者に賠償求める国内初の判決 10月23日、大阪地方裁判所である企業内不正コピーに対する損害賠償請求に関する判決が出た。(43ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1232文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 著作権管理・違法コピー防止*
【記事に登場する企業】
米アドビ・システムズ社
米クォーク社
ヘルプデスク
米マイクロソフト社
update:19/09/24