日経情報ストラテジー 2004/01号

ERPを生かす 三菱商事
188事業で連結決算 「選択と集中」を推進
三菱商事 [事業の個別採算管理]

 三菱商事の業績が好調だ。2003年4〜6月の第1四半期連結決算は、売上高が3兆5618億円で前年同期比17.9%増。営業利益は305億1100万円で同44.4%増を達成した。2004年3月期の通期では、売上高14兆3000億円、営業利益1200億円と、それぞれ前期比7.28%、同19.2%の増加を見込んでいる。 同社の快進撃は、独自の連結経営管理手法が功を奏した結果だ。(98〜101ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4381文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
情報システム > 基幹業務システム > ERP(統合基幹業務支援)
【記事に登場する企業】
三菱商事
update:19/09/24