日経情報ストラテジー 2004/01号

戦略研究
年100億のIT投資で躍進
佐川急便 宅配便の取り扱いを増やし、ヤマトを猛追

 埼玉県にある佐川急便「久喜センター」の1日は、日もすっかり落ちた午後6時ごろから始まる。関東地方を中心に全国から約220台の大型トラックが次々と到着し、ベルトコンベアーに荷物を降ろしていく。その数は、1日16万個に及ぶ。 久喜センターは佐川急便が2003年10月に約32億円を投じて稼働させた戦略拠点だ。(102〜106ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4803文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 旅客・運輸サービス > 運輸サービス
情報システム > 基幹業務システム > その他(基幹業務システム)
【記事に登場する企業】
佐川急便
ヤマト運輸
update:19/09/24