日経SYSTEMS 2003/12号

ケーススタディ 実録 プロジェクトマネジメント
日米欧の合同プロジェクト サービス・レベル向上が課題
山之内製薬 「臨床データ管理システム」

 山之内製薬が臨床データ管理システムの構築を計画したとき,最も心配したのがこのことだ。運用に支障を来さず,業務が回ることを考慮して,プロジェクトの体制とスケジュールを組んだ。 また,エンドユーザーに対するサービス・レベルを落とさないことを優先させ,アーキテクチャまで見直した。(126〜129ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4269文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム設計・開発 > システム開発手法
情報システム > 特定業務システム > その他(特定業務システム)
【記事に登場する企業】
アステラス製薬
update:19/09/25