日経SYSTEMS 2003/12号

新製品/新サービス
アウトブレーク予防訓練プログラム
模擬ウイルス・メールによる 感染対策トレーニング

 ユーザー企業の対象従業員に疑似ウイルス・メールを送付してウイルス対策トレーニングを行うサービス。メールに疑似ウイルスのリンクが張られており,それをクリックしたかどうかといった各従業員の反応結果をリアルタイムに集計・分析し,レポートにまとめて報告する。それに基づいて事後トレーニングも行うことで,従業員のセキュリティ意識を向上させる。(225ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:347文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > コンピュータウイルス・対策
【記事に登場する企業】
トレンドマイクロ
update:19/09/25