日経ビジネス 2004/01/05号

時流超流・トレンド 2004年大胆予測 IT編
電子マネー、一気に普及 新札発行を機に対応自販機など布石

 2004年秋、1万円札、5000円札、1000円札の新紙幣が発行される。2000円札を除けば、新札発行は20年ぶりのこと。1万円札は福沢諭吉のままだが、5000円札には樋口一葉、1000円札には野口英世の2人が新しく肖像画に登場する。 財務省は新札発行に伴うATM(現金自動預け払い機)や自動販売機などの更新によって最大7000億円の経済効果があると試算。(18ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1615文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > EC > ネット決済・電子マネー
【記事に登場する企業】
NTTドコモ
ANAホールディングス
エーエム・ピーエム・ジャパン
KDDI
財務省
JR東日本
セガゲームス
ソニー
日本コカ・コーラ
みずほ銀行
楽天Edy
update:19/09/24