日経エレクトロニクス 2004/01/05号

Guest Viewpoint
Pbフリー・ハンダが原因で ハンダ槽が壊れる 評価試験の標準化が急務に

2006年からEU(欧州連合)で施行される,特定有害物質を規制するための「RoHS指令」。この規制案の検討が始まった1990年代後半から日本メーカーは欧米に追い付き追い越せと,Pbフリー・ハンダ実装技術の開発を進めてきた。現在,その技術力は世界のトップレベルに達した。その中で降ってわいた,フロー・ハンダ付け装置用ハンダ槽の損傷問題。(91〜98ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:10684文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる432円
買い物カゴに入れる(読者特価)216円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > エレクトロニクス設計・製造 > 設計(エレクトロニクス)
エレクトロニクス > エレクトロニクス設計・製造 > その他(エレクトロニクス製造)
【記事に登場する企業】
エレクトロニクス実装学会
欧州連合(EU)
大阪大学
新エネルギー・産業技術総合開発機構
日本溶接協会
update:18/07/31