日経NETWORK 2004/01号

続・こちらセキュリティ対策室 第4話
侵入検知システムの 設定・運用法を考える
——  いかに誤報を減らし管理を楽にするか ——

ファイアウォールの導入やサーバーのセキュリティ強化と並んで,IDSアイディーエスはよく知られたセキュリティ対策ツールである。しかし,IDSはその運用・管理に手間がかかり,手なずけるのが難しいツールだ。今回は,そんなIDSの使いこなし方を見ていこう。白橋しらはし 明弘あきひろネットワンシステムズの応用技術第1部部長。JPNIC評議委員,JPCERT/CC運営委員も務める。(115〜119ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6874文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム運用管理 > システム運用手法*
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 不正アクセス・情報保護
【記事に登場する企業】
アイディーエス
ネットワンシステムズ
update:19/09/26