日経NETWORK 2004/01号

Don’t miss! 今月のウイルス情
パソコンから情報を盗む ワームの亜種が大量発生

 11月は,2003年8月にオリジナルが見つかったMimailミメイルというワームの亜種が多数出現し,感染を広げた。11月だけで7種類もの亜種が発見された。 とくに,亜種C,亜種D,亜種Jは被害の届け出が多数寄せられた。そこでシマンテックでは,これらの危険度を5段階中の3にランク付けし,「かなり警戒すべきワーム」として注意を呼びかけている(右表参照)。(206〜207ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1749文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > コンピュータウイルス・対策
【記事に登場する企業】
シマンテック
情報処理推進機構(IPA)
米ペイパル社
update:19/09/26