日経インターネットソリューション 2004/01号

アーカイブ
コンピュータ従量課金の技術基盤 日本IBMが2004年末に実用化

 日本IBMは2003年11月,コンピュータ資源を使用量に応じて課金できるようにするユーティリティ・コンピューティング向けの技術基盤「ユニバーサル・マネジメント・インフラストラクチャ(UMI)」を発表した。2004年第2四半期に米国本社と協力して実証試験を始め,2004年末には,まず自社のホスティング・サービスなどに導入する計画である。(72〜73ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3487文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > 携帯電話・モバイル情報端末 > 携帯電話機
パソコン・デジタルギア > 携帯電話・PHS本体・サービス > 携帯電話機
インターネットサービス > EC > その他(EC)
情報システム > システム運用管理 > その他(システム運用管理)
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 不正アクセス・情報保護
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > その他(情報システムセキュリティ・トラブル)
通信・ネットワーク・放送 > 携帯電話・PHSサービス > 携帯電話機
【記事に登場する企業】
日本IBM
update:18/07/31