日経インターネットソリューション 2004/01号

エピソード
セキュアOSは日本市場を重視 電子政府での利用に期待
アンドリュ・ジョーンズ氏 米アーガス・システムズ・グループ社長 兼 最高経営責任者

 セキュリティ型オペレーティング・システム「セキュアOS」は,急速にニーズを増すだろう。例えば,未知のセキュリティ・ホールを狙った攻撃から,システムを守るためだ。パッチ(サーバーの修正ソフト)適用にかかるコストを減らす効果も期待できる。 電子政府の実現などに取り組む日本は,この分野で重要な市場になる。(75ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:354文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 経営陣・キーマン
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > その他(情報システムセキュリティ・トラブル)
情報システム > 電子政府 > その他(電子政府)
【記事に登場する企業】
米アーガス・システムズ・グループ社
update:18/07/31