日経情報ストラテジー 2004/02号

特集2 有力企業417社調査 IT投資で成果出す CIOの能力
見えない甘えを“絶つ”
自ら苦境に身を投じ、全社で風土を改革

 今回の調査で、CIOが専任であると回答した企業はまだ3割にも満たない。専任であれば、当然、より広範囲な任務を与えられる。専任のCIOに必要な能力とは何だろうか。 三井住友海上火災保険の綿村惇あつし常務(58歳)は、そんな専任CIOの1人である。2003年6月の就任直後、ある事実に驚かされた。基幹システムの運用に、想像を超えるコストがかかっていたのである。(54〜57ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3384文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 有力企業417社調査 IT投資で成果出す(48〜49ページ掲載)
IT投資で成果出す 変革型CIO
特集2 有力企業417社調査 IT投資で成果出す CIOの任務(50〜51ページ掲載)
部分最適認めず、“攻める”
特集2 有力企業417社調査 IT投資で成果出す CIOの課題(52〜53ページ掲載)
“変える”仕組みで効果生む
特集2 有力企業417社調査 IT投資で成果出す CIOの能力(54〜57ページ掲載)
見えない甘えを“絶つ”
特集2 有力企業417社調査 IT投資で成果出す Data 417社調査詳細報告(58〜63ページ掲載)
「変革型CIO」の条件と特徴
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 投資・経費
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
【記事に登場する企業】
IBMビジネスコンサルティングサービス
川崎汽船
スタッフサービス
三井住友海上火災保険
武蔵大学
update:19/09/24