日経情報ストラテジー 2004/02号

INSIGHT・CHINA事情
共同作業は労働事情に注意を
■第2回■ 西村 健一 [野村綜研(北京)系統集成有限公司 総経理]

 ますます関心の高まる中国での日本向けオフショア開発だが、中国でシステム開発を進める以上、現地の労働事情を把握しておくことは重要である。今回はシステムの品質や開発の納期に、直接影響を与えるIT業界の労働事情を紹介する。雇用形態 終身雇用といった考え方は一般的ではなく、なかでもIT業界は人材の流動が激しい。(137ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1324文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 労働条件・給与・組合
情報システム > システム設計・開発 > その他(システム設計・開発)
【記事に登場する企業】
中国・野村綜研(北京)系統集成有限公司
update:19/09/24