日経情報ストラテジー 2004/02号

ERPを生かす 協和発酵
「見える経営」を実現 明細まで掘り下げる
協和発酵 [医薬・化学品などの製造・販売]

 協和発酵が、大規模な事業再編を進めている。2002年9月には酒類事業をアサヒビールに譲渡。2004年4月に化学品事業と食品事業を別会社化する。最終的には、2005年4月に事業持株会社体制に移行する。 一連の動きは、2002年4月にスタートした3カ年の中期経営計画に基づくもので、今後は医薬品とバイオケミカル事業に投資を集中させる。(150〜153ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3768文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 社名変更・組織変更・本社移転
情報システム > 基幹業務システム > 会計システム・ソフト*
【記事に登場する企業】
協和発酵キリン
update:19/09/24