日経情報ストラテジー 2004/02号

戦略研究
24時間営業で個人客獲得
UFJ銀行 5つのチャネル改革で100万人増狙う

UFJ銀行がリテール(小口業務)事業を収益の柱に据え、攻めの姿勢を強めている。ATMやコールセンターの24時間対応、独自のテレビ電話窓口で顧客の利便性を高める。新チャネルの設置や営業時間の延長で他行との違いを明確にし、5年で100万人の増加を目指す。 真夜中でも人通りが絶えない不夜城、東京・新宿。(156〜162ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6998文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 金融・保険 > 金融商品・サービス
情報システム > 営業支援システム > コールセンター支援*
情報システム > 特定業務システム > 金融業向け情報システム
【記事に登場する企業】
ドン・キホーテ
UFJ銀行
update:19/09/24