日経マイクロデバイス 2004/01号

Cover Story Part1
デジタル家電バブルに惑わされるな 高まる「非連続」技術の価値
市場・技術動向

大型の薄型テレビ,デジタル家電,カメラ付き携帯電話機の市場は拡大を続け,デバイス業界の前途は明るい。しかし,既存の市場と技術に依存したままで安定した利益を享受できるデバイス・メーカーはあまり多くない。圧倒的な投資余力と市場占有率を持つ米Intel Corp.や韓国Samsung Electronics Co., Ltd.以外にどれだけあるか。(34〜39ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7881文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
Cover Story(33ページ掲載)
革新デバイス総覧 次のメシの種
Cover Story Part1(34〜39ページ掲載)
デジタル家電バブルに惑わされるな 高まる「非連続」技術の価値
Cover Story Part2(40〜43ページ掲載)
薄型・大型化にとどまらない 三つの方向に進化へ
Cover Story Part3(44〜47ページ掲載)
2010年に10兆〜20兆円 巨大市場を半導体技術が切り開く
Cover Story Part4(48〜49ページ掲載)
ヒトの応用にビジネス・チャンス 再生医療向けから全機器へ
Cover Story Part5(50〜56ページ掲載)
もう電池はいらない 小型発電素子が身の回りに
Cover Story Part6(58〜63ページ掲載)
“柔らかいLSI”目指し 開発指針に第3の軸を追加
Cover Story Part7(64〜67ページ掲載)
コストを1/10以下に 露光もマスクも使わない
Cover Story Part8(68〜73ページ掲載)
常識破りの物性を ナノ領域から引き出す
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > その他(エレクトロニクス) > その他(エレクトロニクス)
【記事に登場する企業】
米インテル社
キヤノン
韓国・サムスン・エレクトロニクス社
東京工科大学
update:19/09/26