日経マイクロデバイス 2004/01号

Cover Story Part3 囲み
エレクトロニクスの次は ライフ・サイエンスの時代

 DNAチップの製造や解析ツールを販売する米Agilent Technologies Inc.は,1990年代初めから「エレクトロニクス」の次を担う産業のけん引役が,バイオなどの「ライフ・サイエンス」に移行すると見ていた。実際,米Affymetrix, Inc.の1993年の創立時に出資していた。 Agilentがこの事業に注目した理由は三つある。第1に,産業の大きな流れがそこへ向かっていたこと。(46ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:628文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > その他(エレクトロニクス) > その他(エレクトロニクス)
医療・バイオ > バイオ技術 > その他(バイオ技術)
【記事に登場する企業】
米アジレント・テクノロジー社
米アフィメトリクス社
update:19/09/26