日経マイクロデバイス 2004/01号

Inside Display
テレビの薄型化が世界的に加速 有機ELは事業拡大で難航
目で見るフラットパネル・ディスプレイこの1年

 2003年,フラットパネル・ディスプレイ(FPD)を利用することによるテレビの薄型化が世界的なトレンドとして急速に広がった。2004年は大型化が加速するとともに,家庭への普及を狙ったパネル各社の低コスト化競争が激しくなる。一方,有機EL(electroluminescence)や電子ペーパーなどの新パネルは,2003年には事業拡大が思うように進まなかった。(106ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1535文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > ディスプレイ製品・技術 > EL技術
エレクトロニクス > ディスプレイ製品・技術 > プラズマディスプレイ技術
エレクトロニクス > ディスプレイ製品・技術 > 液晶ディスプレイ技術
【記事に登場する企業】
米イーストマン・コダック社
韓国・LGエレクトロニクス社
韓国・LGディスプレー社
韓国・サムスン・エレクトロニクス社
ソニー
パナソニック
富士通日立プラズマディスプレイ
update:19/09/26