日経Windowsプロ 2004/01号

レポート
リモート・アクセスで 注目集めるSSL−VPN
対応プロトコルの増加や セキュリティ対策が急速に進展

●SSL−VPNというネットワーク・ソリューションを採用する製品が注目されている。運用管理の手間を大幅に減らせるため,リモート・アクセス分野ではインターネットVPNの標準技術であったIPSecを置き換えそうだ。●課題はあるが早いペースで解決されている。最近は動的ポートへの対応やウイルス対策ソフトの稼働状況で接続許可を判断する機能などが実現された。(14〜16ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4063文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > コンピュータウイルス・対策
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > その他(情報システムセキュリティ・トラブル)
通信・ネットワーク・放送 > 通信・インターフェース技術・規格・プロトコル > 通信プロトコル全般
通信・ネットワーク・放送 > WANサービス > VPNサービス*
【記事に登場する企業】
米アベンテイル社
NTTコミュニケーションズ
NTTコムウェア
米F5ネットワークス社
米サイゲート・テクノロジーズ社
米シマンテック社
米ゾーンラボズ社
テクマトリックス
米ネオテリス社
フィンランド・ノキア社
パワードコム
マクニカ
update:19/09/25