日経Windowsプロ 2004/01号

特集1 マイクロソフトがLonghornで描くW
ハードウエアとの連携を深め よりセキュアになるWindows

 現在のWindowsは,非常に多くのセキュリティ上の脅威にさらされている。これまでMicrosoftはWindowsに存在するセキュリティ上の問題に関しては「ユーザーに修正パッチを速やかに適用してもらう」というスタンスをとってきたが,それだけでは「SQLスラマー」や「Blaster」といったワームの拡散は防げなかった。(70〜71ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2971文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > クライアント向けOS > Windows
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > その他(情報システムセキュリティ・トラブル)
【記事に登場する企業】
米インテル社
米AMD社
米マイクロソフト社
update:19/09/25