日経デジタル・エンジニアリング 2004/02号

詳解 注目キーワード 公差解析
公差解析
部品ごとの影響度を評価して 公差設定にメリハリをつける

 アセンブリする複数の部品に寸法公差および幾何公差を設定し,それらを組み立てた際の寸法や形状のばらつきを計算すること。 部品には必ず寸法や形状にばらつきがある。ばらつきのある部品同士を組み合わせるのだから,当然組み立てたアセンブリにもばらつきが発生する。このばらつきをあらかじめ見積もるのが公差解析。(55ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1388文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 設計・製造(機械関連) > 規格(機械関連)
update:19/09/26